銀座かずや 公式サイト ~1日192個からはじまった、たった1坪のお店~

銀座かずや 公式サイト 一坪の煉り菓子店

HOME > 店主ごあいさつ

店主ごあいさつ

銀座かずや店主 古関 一哉

銀座かずや店主 古関 一哉

調理師
神奈川県ふぐ庖丁師
東京都ふぐ調理師

  古関 一哉

割烹、懐石料理等、日本料理の職人として7年間修行を積む。創業2002年、修行の傍ら2年の歳月を経てつくり上げたのが「かずやの煉」。当時は「抹茶のおとうふ」という商品名で第21回神奈川県名菓展菓子コンクールに出場し、技術賞を受賞。

板前の経験を生かした、煉り菓子特有の食感と風味が高い評価を得て、今までにない新しい和菓子と評判になりました。

現在では、ふぐ庖丁師の免許を持った異色の煉り菓子職人として活躍。日本料理の基本理念「素材そのもの味わいを最大限に生かす」ことを念頭に置き、「銀座 かずや」オリジナルの煉り菓子づくりに励んでいます。

銀座7丁目の路地裏の小さなお店からスタートし、2005年9月13日に「銀座 かずや」を開店いたしました。多くの方々のご支援、ご指導の賜物と心より感謝申し上げます。

これからも「銀座 かずや」の煉り菓子を通じて、多くの皆様に笑顔と感動を与え続けることを目標に、地に足をつけ一歩一歩前進して参ります。

今後とも「銀座 かずや」を宜しくお願いします。

銀座 かずや 店主
古関 一哉

お電話番号

店舗:03-3503-0080 通信販売事務所:0428-85-9009